読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者トレーダーだめだめトレード日誌

自分のトレードスタイルを確立させようとFX初心者が失敗ダメダメトレードを繰り返しつつ勉強したことを書き残す備忘録

確かにスプレッドは小さいほうがいいですね

今年の1月からFXを始めた、初心者・負け組・ダメダメなトレードをしているものです。FXは少ない資金で、大きく利益を出せる可能性があると考え始めました。

 

FXは、証拠金取引という特殊な取引。専門用語もたくさんあります。だから初心者にはとても分かりづらい世界。金融のプロがしのぎを削る異次元世界だなとはじめたばかりは思ったものです。

 

でも何度も言いますが、少ない資金で大きく利益を出せる投資法はFXが一番だと思います。勉強しておいて損はないはずです。

 

 

スプレッドなる専門用語があります。FXには「売りの値段」と「買いの値段」の二つがあり、その差を示したもの。FX会社が自由に設定できるようで、実質的な会社の利益になるものです。仲介手数料のようなもの、と考えたらいいかもしれません。

 

例えば、一ドルを買い値段で100円50銭、売り値段を100円とします。すると差額は「買い値段−売り値段」で50銭となります。この50銭がスプレッド。FX会社の利益として私たちが負担するものです。

 

このスプレッドは、私たちが利益を出す障壁にもなります。先の例で言うと、1ドルを100円50銭で買ったとして、すぐ売ってしまうと100円でしか売れません。そうすると利益どころか50銭の損出が出てしまいます。

50銭のスプレッド幅があるのですから、利益が出るには最低でも売り値段が101円1銭にならないと利益となりません。50銭という障壁が存在するのです。

 

この障壁となるスプレッドの幅が少なければ少ないほど、私たちはFXで利益が上がりやすくなります。50銭より10銭の方がはるかに利益が出やすいのは自明です。10銭の場合で先の例をみると、利益が出始める売り値段は100円61銭。スプレッドが50銭の時より40銭も早く利益が出始めるのですから!

 

だからスプレッドはFX会社を選ぶ最大の基準となると思います。このごろのFX会社はどこもスプレッドが小さく設定されているようです。

 

その中でもおすすめはDMM.com証券 !!

スプレッド幅は、業界最狭水準。つまり利益が出やすいのです。

そして2017年1月時点での話ですがFX口座の国内開設数がNo.1!多くの人がいいと考えている証拠です。

さらに!今なら最大で20,000円ものキャッシュバックが受けられるかも!?口座を開いてお金が返もらえるかもしれないのです(※条件あり。専門ページでご確認下さい)

 

このFX会社ならば、安心してFXを始められると思いますよ。少ない資金で大きくリターンしていきましょう!!